旧街道を歩きながら撮りながら

古くからの道を歩くときはゆっくりと歩きたい。でも、ただゆっくり歩くのもなかなかに難しい。そんなときはカメラを持ってみんなで歩く。普段は通り過ぎてしまうものを、ゆっくりと観察し、ゆっくりと撮影する。古くからの道は、いろんなことを知っている。古くからの道にはいろんなものが集まってくる。

古い道をカメラと一緒に
屋根の上のスズメ
道端に咲く花

毎日、とても多くのものを通り過ぎてしまっていたことに、静かに気がつく。昔の人のスピードで、他の生き物たちと同じ速度で。そこにはとても多くの発見がある。

桜とヒヨドリ
川辺にカメラを向ける
ヒヨドリ

小さなカメラでも、大きなカメラでも。カメラを1つ。歩きやすい靴を履いて、水筒を持って。地図は持たなくて。心の目をとてもよく磨いて。毎日の余計なことはとてもよく忘れて。

松にスズメ
小さな滝にカワガラス

2人から始められる「とりあるき」。少しの時間ができたら、カメラを持ってぜひ。